本文へスキップ

NEDSは、特許、意匠、商標、技術情報の調査専門です。

Mail: s_osanai@neds-ip.com

〒237-0074 神奈川県横須賀市田浦大作町39

特許調査・技術文献調査(非特許文献調査)Patent and Non Patent Literature Search

特許調査(先行例調査・無効資料調査・侵害回避調査・技術動向調査など)

特許調査(先行例調査・無効資料調査・侵害回避調査・技術動向調査など)のご案内

<技術分野>

・情報通信、IT、IoT、システム
。医療機器
・バイオ
・半導体
・機械
・エネルギー、各種発電技術
・インフラ
・建築技術、土木技術
・光学
・画像処理
・農林水産技術
・自動車
・スポーツ用品、日用品、雑貨、文房具等

 その他、ご不明な点はお問い合わせください。


1.出願前・審査請求前の先行例調査

 NEDSの出願前先行例調査(出願前、審査請求前)では、検索で得られた特許文献を全て確認し、先願となる可能性のある特許文献、新規性又は進歩性を否定する可能性のある文献に対し、コメントを記載して報告しています。


 (1)出願前先行例調査

 特許出願の方針等を検討する目的で、特許出願前に、先願となる可能性のある特許文献の有無、新規性や進歩性を否定する可能性のある先行技術の有無を確認するための調査で、発明のアイディアや発明提案書、請求項案等に基づいて調査を行います。

 発明に関連する特許文献を網羅的に抽出することで、出願の方針を検討するための情報量が多くなります。

 必要に応じて、抽出した特許文献の法的状況や非特許文献調査を追加することも可能です(別途費用が発生します)。
 網羅的に先行例を報告する必要がなく、数件程度の先行例の報告で構わない方へは、通常の料金より安い費用で調査が可能です(ただし、全ての文献を報告するわけではありませんので、審査で出願前先行例調査と異なる引例が提示される可能性が高くなります)。

料金:5万円〜(別途消費税がかかります)
(調査報告書に記載する内容、非特許文献調査の有無などにより異なります。詳しくはお問い合わせください。
納期:約4日〜


(2)審査請求前の先行例調査

 特許出願した発明に対する先行例を把握し、審査請求をする/しないの判断をするための調査です。
 出願前先行例調査との違いは、出願した請求項に基づいて調査をすることと、審査請求までの期間などにもよりますが、拡大先願となる可能性のある先行例の有無を確認できることです。

 原則として先行技術文献を網羅的に調査しますが、拡大先願となる可能性のある特許文献の調査のみの場合や数件程度の先行例の報告で構わない方へは、通常の料金より安い費用で調査が可能です
 必要に応じて、抽出した特許文献の法的状況や非特許文献調査を追加することも可能です(別途費用が発生します)。

料金:5万円〜(別途消費税がかかります)
(調査報告書に記載する内容、非特許文献調査の有無などにより異なります。詳しくはお問い合わせください。
納期:約4日〜


2.侵害予防調査(クリアランス)
 自社の製品の製造や販売等の行為による、他者の特許権を侵害する可能性を調べるための特許調査です。
 製品の構成や特徴に基づいて調査を行い、他社が権利行使可能でかつ製品が技術的範囲に含まれる可能性のある特許文献を網羅的に抽出し、各特許文献の法的状況等の情報を含めて報告します。

 事業の障害となる可能性のある特許が確認された場合は、設計や仕様変更を検討する、後述の無効資料調査を行い無効化できる可能性を検討する、製品の製造や販売等を再検討する、等の対応をとることができます。

料金:1件につき10万円〜(別途消費税がかかります)
納期:約1週間〜


3.無効資料調査

 無効審判や侵害訴訟で無効の抗弁をする際の無効資料の確保等の目的で、他者の特許を無効にするための先行例を入手するための調査です。
 他者の特許に対する先行例を調査しますので、事前に無効化する特許をご確認ください。
 非特許文献の有無により、料金が異なります。

料金:特許文献の調査のみ 15万円〜 (別途消費税がかかります)
   特許文献調査+非特許文献調査 20万円(別途消費税がかかります)
納期:(約1週間〜 お急ぎの場合はご相談下さい。)



4.技術情報収集のための特許調査

 技術情報収集調査は,研究開発や新製品の開発を行う際に,特許情報を通じて業界や競合他社の技術を把握するための調査です。
 各企業が特許出願した技術の内容や動向などを知ることができます。
 特定の出願人の特許文献を調査することにより,その企業が特許出願した技術を調べることも可能です。

 技術情報収集調査を依頼される際には,可能な範囲で調査対象の技術をできるだけ詳しく説明して頂ければ助かります。


料金:10万円〜
納期:約10日〜
 スクリーニングする文献の数(文献集合)等により料金と納期が異なりますので、詳細はお問い合わせ下さい。


(3) 製品開発総合調査
 出願前の先行例調査,侵害回避調査,無効資料調査の3つを一つのサービスにまとめました。

 非特許文献調査を含めた先行例調査と侵害回避調査を同時に行い,自分が他者の特許権を侵害する可能性があった場合にその特許の無効資料を調査します。

 費用と納期については、お問い合わせください。


5.ニーズ調査
 特定の技術のや利用につい用途について記載された特許文献を収集します。

「自社の技術をどのようなことに使えるのかを知りたい」、「どのような企業や業界で自社の技術を利用できるか知りたい」といった場合におすすめです。

 報告書の形式や記載内容は,お客様のご希望に対応します。


料金:10万円〜
納期;約1週間〜


6.その他の特許調査

上記以外にも,ご要望に応じて様々な特許調査に柔軟に対応したいます。
・ウォッチング(SDI)
・出願人調査
・発明者に関する調査
・法的状況に関する調査
 など

「こんな特許調査をしてほしい」,「このような技術調査をしたいけど,どうすればいいかわからない」といった方は,お気軽にご相談ください。

お見積り,ご相談は無料です。


【サービス内容,料金,納期について】
・お見積り、お問い合わせ、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。


非特許文献調査(論文,雑誌記事、図書等の調査)

  特許文献以外の技術情報(論文,雑誌記事,学会発表の抄録,新聞記事,図書など)の文献調査をするサービスです。

 出願前や審査請求前の先行例調査では,特許以外の文献を調査する非特許文献の調査を行うことも大切です。
研究開発の資料としての文献調査のご依頼も承っています。
 NEDSの非特許文献調査では,要旨だけでなく文献の本文や図表を全て確認しています。

 ご要望に合った資料が確認された際には,著作権の範囲内で資料を複写して提出いたします。

 納期までに時間的な余裕がある場合は,博士論文等の入手困難な資料を含めて調査を行いますが,まれに閲覧や入手が不可能な文献もありますので,悪しからずご了承下さい。

 なお,博士論文と学会発表の抄録の調査は,国内で公開されたものに限らせて頂きます。



 料金:技術情報の収集を目的とした非特許文献調査の場合、スクリーニング又は入手した文献の数に関係なく一律5万円(別途消費税がかかります)
    無効資料調査を目的とした非特許文献調査の場合、スクリーニング又は入手した文献の数に関係なく一律8万円(別途消費税がかかります)
 納期:約10日〜